build your future

形態がある

これまでの歴史や変遷

今や街中を歩けば数多くの英会話スクールを見つけることができます。英語は国際社会の中心言語として使用されており、日本では英会話を習う人が非常に多いのです。そのような英会話スクールにはこれまでどのような歴史があったのでしょうか。 初期のスクールは会話を学ぶというよりも英語の文章を読んで日本語に訳すということが重要視されていました。1クラスの生徒の人数も多く、学校のように講師の先生が一人で教える形をとっていました。 そこから徐々に学習内容が変化していきます。英会話のフレーズを講師の後をついて繰り返して練習したり、一問一答の形で英語でやり取りをするレッスンが行われるようになります。 そして、現在では1クラスの人数も少人数になり講師を交えてテーマだけを決めて会話の練習をするレッスンが主流となっています。それに加えて個人レッスンも人気を集めています。 様々な歴史を経て英会話スクールは現在の形になってきたのです。

スクールの今後の動向や予測

英会話スクールはいろいろな形態に変化してきています。現在では5人くらいまでの少人数で講師を含めてみんなでフリートークをするレッスンや1対1で講師と会話の練習ができる個人レッスンなどが主流です。今後、英会話スクールはどのような変化をしていくのでしょうか。 最近注目されているスクール形態にオンライン英会話スクールがあります。これは、インターネットにつないだパソコンでスカイプなどを利用してレッスンを受けるというものです。教室に通う必要がなく、自宅などでもレッスンを受けることができます。また、時間の制限も少なく朝早くや夜遅くでもレッスンが出来る所も多いです。さらに、料金も低く設定されているので今後さらに広まっていくことが予測されます。 このようにインターネットを利用すると時間や場所の制限が少なくなるのでこれからますます英会話スクールにも利用される可能性があります。